2006年12月29日金曜日

いよいよ基礎。(2006.12.10)

コンクリートを流し込むための枠ができました。この基礎を見て、我が家は鉄筋コンクリートの家だと思っている人たちがいるそうです。けど、すんごい迫力ですよ。


反対方向からの写真。ちなみに手前がコーナーハンチ。地震などでコーナーに力が集中するため、しっかりと鉄筋を入れて頑丈にしてあります。これなら大丈夫でしょう!




これがコーナーハンチの拡大。我が家は前回も書きましたが無暖房住宅仕様というちょっと特殊な仕様になっているため、基礎が断熱材でサンドイッチされています。これで冬の寒さは無くなります!

2006年12月27日水曜日

基礎工事開始!(2006.11.16)

いよいよ基礎工事が始まりました!ちなみに我が家は地盤調査をしたところ柱状改良が必須ということで、所々に見えるのがその先端です。まぁ、これで大雨や地震が来ても大丈夫でしょう。みなさん、ちゃんと地盤調査してもらってくださいね。

しかし、柱状改良って電柱が埋まっているようなもんだね・・・。





いよいよ基礎工事です。狭小地で小さなユンボが活躍しています。


あっちこっち測って、糸張って、とっても細かな作業なんですよ。

本当に狭いんで苦労していました・・・。m(_ _)m




真ん中にシートが敷かれ、周りにぐるっとコンクリートが流し込まれてるとなんとなく基礎っぽくなってきましたよ。











基礎が立ち上がります。我が家の基礎はちょっと特殊なものなので断熱材がコンクリートをサンドイッチのように挟み込みます。(後日このへんはアップしますが) で、外側の断熱材が見えています。

じつは、この段階で今まで見たことのない工事をしているため、何やら凄いものができるようだと思われてきたようで、ご近所の皆さんの質問が出だしました。そりゃ、そうだな。施主のオイラも凄いんでビビッてましたから・・・。(-_-;)

2006年12月25日月曜日

サンワホームの我が家スタート!

我が家はご縁あってサンワホームで建てることにしました。

叔母の半分空いている敷地を借りることができ、建物は35坪程度の2階建て吹き抜けありのプランです。 ちょっと他とは違うのは「無暖房仕様」になりました。
契約は1年前、なかなかスケジュールが合わずにプラン作成にほぼ1年かかりました。
しかし、サンワホームのコンサルで自分たちのイメージが明確になっていたので、プランから色決め、設計はスムーズに進みました。イメージコラージュやイメージアナリストは大事です!二人とも引き違いドアが嫌いだったり、明るい色が好きだったりと「へぇ~」と思うことがたくさんありました。これに気がつかないと建てた後に「しっくりこない」とか「失敗した」とかなっちゃうんでしょうね。


もう少し早い段階からブログにすればよかったんでしょうが、忙しくてというより面倒くさくて・・・。
自分たちの記録のために始めることにしました。

2006年10月30日地鎮祭からの様子をアップしていきます。

我が家のシンボル「エビス大黒柱」です。木曽檜の1本丸々です。これが欲しいから吹き抜けにしたと言ってもいいくらいです・・・。11月12日。木曽にある勝野さんの工場へ行って自分たちで選んだときの写真です。 たくさんある中から、勝野さんに助言をいただきさんざん悩んだけどインスピレーションで決定。この柱は今年の初荷で縁起がいいそうです。よかった!

1ヶ月後に柱や土台などと一緒にやってきました。このエビス大黒柱はいいですよ。我が家はこれを使ってクリスマスの飾りつけやオリンピック、ワールドカップなどの開催時の飾りつけをどうしようかと、みんなで考えてけっこう楽しんでいます。現場監督のFさんが後で年輪を数えてくれて120年くらいだそうです。1世紀以上も前から我が家の柱になるのを待っていたんだと思うと感無量です。



まだ更地の状態、本当にここに建つのかと思うほど狭小地です。とりあえず地鎮祭のため草むしりやら不要な木の伐採やらで大変でした。

けど、この後もっと大変な事になった。
なんせ叔母の敷地なもんで大切に育てている植木をあっちこっちに植え替えなくてはならなくて・・・植木屋さんの大変さがわかりました。



で、10月30日地鎮祭当日の風景。地元でも有名な神社からきていただいた神主さん。
私は初めてなもんで、少々顔がひきつりながら、照れながらの厳かな式でした。


お集まりいただきました、上下水道工事担当、基礎工事担当、現場監督Fさん、営業担当Nさん、設計担当Oさん、コーディネート担当Fさんの皆様さま、これから完成までよろしくお願いいたします。