2007年4月27日金曜日

五月といえば

我が家の吹き抜けでは、子供たちが折り紙を切って、クルクル回りながら落ちてくるヘリコプターや紙ひこうきをカゴ一杯につくって2階から「どさっ」と降らしてました・・・。いろいろ考えるもんだなー。やってもいいけど、ちゃんと片付けるんだぞー!!
さて、あと4日もすれば5月になります。5月といえば五月人形&鯉のぼりです。今年はNHKの大河ドラマ「風林火山」の影響で武田信玄モデルが好評みたいです。


早くも我が家の吹き抜けには鯉のぼりが飾られました!本当は大きい鯉のぼりをどーんと飾りたかったんですが、探しに行く暇がなくて・・・。でも、これくらいの大きさでちょうどいいかな。

夜、鯉のぼりを眺めながらお酒を飲むのもいいもんですよ。まあ、普通の家ではこんなことやらないんだろうけどね。 我が家はこのために吹き抜けとエビス大黒柱があるようなもんです。┐(´-`)┌

この鯉のぼり、じつは私が小さい時に鎧兜といっしょに祖父母が買ってくれたものなんです。小学生の時、よく窓から棒に吊るして外に出してたな・・・。この鯉のぼりは何十年も経つけど、キレイに保管されていたので、まだまだ使えます。昔のものは丈夫ですね!!自分の子供時代のものをいつまでも飾れるってうれしいもんですよ。「物は大切にする!」を子供たちに教えられますね。

2007年4月25日水曜日

天井裏(断熱について)

我が家の天井裏の断熱施工はかなりすごいです。ネオマフォームという板状の断熱材60mmを天井裏一面に敷き詰めます。これだけでも十分な断熱施工なんですが、そこは「無暖房住宅」。熱が逃げないように更にグラスウールを400mm吹き込みます。機械室の壁が一部取れるようになっていて様子が見れます。ちょっと写真が悪くて見にくいですね。下の写真のようになってます。

             ↑イメージ写真 参考:信越ビーアイビーHP

細かなグラスウールをブローイングマシンで天井裏に吹き込むため、配線やダクトがあっても隙間なく断熱材を施工できるわけです。

このくらい断熱があると冬はもちろん熱を逃がしませんが、夏は屋根に照りつける太陽の輻射熱が室内に伝わらないようです。
奥さんをはじめ子供たちもクーラーが苦手で、できるだけ機械に頼りたくありません。
あとはキツイ西日を部屋の中に入れないように「よしず」を用意して、吹き抜け用にサーキュレーターを購入して夏対策は万全です。


まあ、実際にどれくらいなのか今年の夏に温度を測ってみます。子供の夏休みの宿題(自由研究)のテーマにしよっと・・・。


壁はというと、こんな厚さになってます。ネオマフォームが2枚分で80mm!!普通の外断熱工法では1枚で十分ですが、やはり「無暖房住宅」です!

今までの断熱工法(土壁とか布団のようなグラスウールマット)しか知らない叔母や母はびっくりしていました。当時はそれが一番だったんでしょうから、しょうがないですね。ほんと時代は進化しています。

20年後は我が家も古いかもしれませんね・・・(-_-;) けど、CO2の排出はかなり少ないはずです!

2007年4月21日土曜日

おーっ、すごい!ぴったり!!

前にも書きましたがピアノ置き場は2階を予定していました。しかし本棚に戻したため、1階の階段下のスペースに置くことにしました。

               ↑右側の2列ある本棚が当初設置場所

                ↑右側の階段下のへこんだスペース
ここのスペースはゆくゆく大型液晶TVでも・・・って思ってつくったスペースですので、ピアノの寸法は一切考慮していません。一応、神奈川県の実家に連絡して寸法を確認したところ、大丈夫そうだということでした。

収まらないと困るので3回確認しましたが、測る度に寸法がかわり、最終的には左右8mm、上に1cmしか余裕がないということが発覚しました!!(-_-;)
棟梁にずーっと前に聞いたとき、もうこの大きさは柱の関係で大きくできないって言ってたので、入らなかったら斜めに置くしかないと開き直り、ピアノが搬入されるのを待ちます。



すごいです!巾、高さ、奥行きとあまりにもぴったりに収まりました。階段と一体化いてます。わざわざ設えたようですね。でも、誰一人ピアノの正確な寸法を把握していなかったんですよ。しかし、きれいに収まりました。ほんと奇跡だ!!

ピアノを運んできたお兄さんの納まる前に「本当にはいるんですか?」と何回も心配して聞いてきたそうです・・・。


ピアノってその存在感がすごいです。置いてあるだけで家の中の雰囲気がかわりますよ。やっぱり運んできてよかった。

さて、引越しも終わり、IKEAの家具も搬入されたので玄関横を玄関収納と棚でふさぎます。荷物の搬入が終わるまでここだけ工事を待ってもらいました。玄関収納は靴が70足入りますので、これだけあれば余裕でしょう!
これでやっと玄関らしくなるな・・・。今まで玄関開けるといきなりキッチンからLDからすべてが丸見えでしたからね。┐(´-`)┌

2007年4月19日木曜日

いよいよ引越し前夜!

週末はあんなに天気が良かったのに、日ごろの行いが悪いのか、前日は「雨」。雨に濡れて困るようなものはないんですが、引越しのお兄さんたちがかわいそうです。

搬出も搬入も「アリさんマークの引越社」のお兄さんがやってくれます。我が家は荷造りと荷解きは自分たちでやるタイプにしました。
どの部屋も、箱の山々・・・。本当にこの箱全部が、必要なものなのでしょうかね!そういえば前回の引越しの時の箱で、開けてないのもあったみたいだし、半分ぐらいゴミじゃないのかな・・・?

しかし、まじまじと荷物(箱)の多さに驚愕しております。どこにこんなものが収納されていたんだろうか?私のイメージはこれらの半分くらいです。こんなに多くて、我が家の収納足りるかな・・・(-_-;)


で、当日は雨がパラパラでしたが、なんと引越し中はほとんど降りませんでした!!よかったねー、お兄さんたち。とうぜん前回のお兄さんたちではないのですが、ここの社員さんみんなテキパキしていて好感もてますよ。

「アリさんマークの引越社」は、実は2回目です。前回は2年前に神奈川県海のそば市からここに引っ越した時に利用しました。友人からの紹介でした。とっても感じがよく、ハキハキしていて、言葉使いもしっかりしているし、頼もしいお兄さんたちです。きっと会社の教育がしっかりしているんでしょうね。

大切な我が家の荷物ですから、金額だけでなく、安心して頼めるところがいいですよ。「立つ鳥後を濁さず」気持ちよく引っ越したいですしね!!

2007年4月18日水曜日

施主立会い検査だ!

15日に「施主検査」がありました。大工さんも、電気屋さんも、水道やさんも、建具やさんもすべての工事が終わり、図面通りに完成しました。引渡し前に私たちが立ち会って、照明のスイッチやコンセント(通電確認)、床や壁に傷や汚れがないか一つひとつ確認していきます。



傷や汚れ見当たりませんでした。暮らしていけば、いずれは汚れるし、傷も付くことです。まあ、それも思い出になることでしょう。


それよりもスイッチが多くて、どこの照明が付くのか覚えるのが大変です。なんせ我が家は間仕切り壁が少ないために、リビングにある壁は、スイッチが10個+インターホンと集中しています・・・。そのところで全部操作できるので、いいんですけどね。


奥さんは給湯の仕方、IHの使い方、レンジフードのスイッチなど聞いています。あの顔じゃあ、たぶん理解していないでしょうね・・・。


さすが、IH!鍋の水は沸騰していますが、表面は温かい程度でさわれます。(鍋は熱いですよ!)



で、さっき奥さんに理解できたか聞いたらやっぱり「?」でした。それじゃ取説でも見ようかと思っていたら・・・。



サンワホーム営業担当のNさんがニコニコしながら渡してくれました。

1冊のファイルにしてくれてますが、これすべてが取説の集合体です。トイレから換気扇から給湯から照明から・・・。ムリです。これを読んですべて理解する人いるのかな?

我が家は今後、使う人がこの取説の必要な部分を読んで理解して、次のわからない人に伝えましょうね!

2007年4月11日水曜日

こんな小さな室外機でいいんだ

我が家のエリアでは都市ガスがなく、未だにプロパンガスです。これがすごく高く、都市ガスの2倍くらいかかります。(>_<)
石油も不便だし、結局オール電化を導入しました。キッチンはIH仕様です。
これが三菱電機製「エコキュート」。こんな冷蔵庫みたいなので我が家の給湯すべてを賄います。私、未だにエコキュートの謳い文句の「空気の熱でお湯を沸かす。」が理解できないでいます・・・(-_-;)
こっちはクーラーの室外機。たったこれだけで家1棟まるまるOKです。冬は暖房しないので、ほとんどが夏の除湿or冷房用ですが、これだけでいいそうです。

住宅性能が進化すると、今まで何台も必要だった室外機が1台で済むんです。我が家は地球環境に役立ってます。

でも今までは狭いアパート暮らしだったので電気代もそれなりの金額でしたが、これからは広くなった分電気代もかさむでしょうね・・・。オール電化の救世主「太陽光発電」を検討したいと思います。

屋根は片流れで西向きだし、周りに遮断するような高い建物はないし、太陽光発電にとっては抜群の環境です。 せっかくここまでしたんだから「エネルギーゼロ」を目指すぞ!


電気メーターっていつの間にか「デジタル」になったんですね。知らなかった・・・。

2007年4月10日火曜日

床がお目見え!

東京では、ほぼ桜も散りました。これから爽やかな過ごしやすい気候になってきます。一年中これくらいだったらいいのにな。家の中が暖かくなればヒートショックの犠牲者も少なくなることでしょうね。

いよいよフローリングのカバーが取られ、床がすべて表れました。携帯のカメラで解像度が悪くパッとしませんが、かなり白いんですよ。「ホワイトアッシュ」にしてよかった。クセはありますが、きれいですよ。
照明もつきます。夜はどんな感じになるんでしょうね?階段と2階の手摺は透明のアクリルのため、スッキリと仕上がりました。

子供部屋の扉は目隠し程度を考えていましたので、こんなもんです。自由丁番にしてもらい、勝手に閉まります。これ、部屋から出るとき外を気にして開けないと歩いている人にぶつかります。十分気をつけるように!! プラン打ち合わせの時に、この3畳の子供部屋や扉の話しを初めてしたとき、みなさん「本当にいいのか?」って顔されてました。まあ、こんなプランをお願いする人なんて、普通ないですもんね。

我が家はこれでいいんですよ。ありがとうございました。でもこんなの自由設計じゃないとムリでしたね。

本邦初公開!これが開口を広くしてもらった階段を登ったところのスペースです。奥は2階の吊りイスが設置されるホールにつながっています。左の扉は機械室の入り口。空調機械のメンテナンスを楽にしたかったのでお願いしました。
ここのスペースも、ある程度収納ができますよ。これも、自由設計だからできる事ですね。

自由設計だから何でもできる!って思いますが、イザやろうと思うと予想以上に予算がかかったり、使い勝手が悪くなったりしますから、スタッフから話しを聞いただけでけっこう躊躇するもんです。

でも、本当に必要か不要かは「予算」や「使い勝手」だけで決めるのではなく、どう楽しく暮らすかなんですけどね。

2007年4月9日月曜日

家具を買いました。

昨日の東京都知事選挙で候補者を密着取材していた番組を見たけど、先生がたの「パフォーマンス」があまりにも酷過ぎる。「気分が良くなったから歌うたうぞー」って「銀恋」歌いだしたり、汗流して走り回って爽やかさを演出したり・・・。こんなんでいいのか?!(`□′)



さて我が家もほとんど最終にさしかかりました。今日は週末「IKEA港北」にいって必要最低限な家具を購入しました。そうです。このイスが売っている超大型外資家具店です。このお店、普通の家具屋とシステムが違うんです。日本ではちょっと考えられません。

はじめに「ショウルームスペース」で自分たちの欲しい家具を見つけます。 カテゴリーに分けられてゆったりとレイアウトされています。あっちこっち触って、座って、寝転んで、細部まで確認できますよ。

そしてその家具にタグ(左側のイスの背もたれについているもの)がぶら下がっていて、価格と一緒に数字が書いてあり、それをメモしておくんです。  例えば「16列38番」とか「23列5ばん」とか。


これがすごい重要で、最後巨大な倉庫スペースに行ってその商品を引っ張り出しワゴンに載せレジに並ぶんです。どんな家具でもワゴンに乗せるんです!!というか載せなければならないのです。

                    ↑の写真どう見ても倉庫でしょ!

ここから商品探して引っ張り出さなければなりません・・・。

今日は大物家具がメインなので、早々にチェックです。前回下見はしてあったので、どの辺にディスプレーされてるかわかっています。テンポ良く、番号をチェックしていきます。

子供部屋のベッド!大人が立ったまま下に出入りできます。スチール製の頑丈なものです。これでなんと14900円!!ジャパネットタカタもびっくりでしょ。※但し、マットレスは別途です。

座り心地のたいへん良かったアームチェアとオットマン。素材は木で出来てます。価格は後ろにチラッと見えますが8900円と3000円(゚∇^d) グッ!!


このほかにベッドの下に入れる机2台&チェアベッド1台・・・。山のようでした。

                    ↑これもゲットしました。はい、290円です。

最後まで悩んだハンモック・・・。4500円です。残念ですが今回はあきらめました。けど次回あれば買っちゃうだろうな。

でどういうことになるかというと・・・

ワゴン2台とカゴ1台、こんな事になりました。あ、基本的にここの家具は組み立て方式です。有料で組み立ててくれるみたいですが、我が家は楽しみながら組み立てます。


で、この山のような家具を日付指定で送りました。



海外ではセルフサービスが当たり前なんでしょうね。これでコストが下がるなら、まぁいいか!皆さんもぜひ行ってみてください。損はしないと思いますよ。

2007年4月3日火曜日

あちゃ~、またやっちゃった。

先日、照明の話をしましたが、スイッチのところで失敗しました・・・(>_<)
これは子供部屋の照明です。このスイッチは出入りのたびに入り切りするので、当然子供部屋の入口つけました。
例えば、電気をつけて中に入り、リビングに戻るとき切りますね。特に問題は、ありません。
じゃあ、電気をつけて中に入り、そのまま寝る時は、どうすんだ・・・。┐(´-`)┌
照明が手元(枕元)で切れれば楽ですよね。
子供部屋のベッドはスペースを有効に使うため、2段ベッドの下がないものを考えてます。暗い部屋のハシゴで毎日昇らなければいけません。
忘れていました。3畳だし狭いから問題にもしなかった・・・。
なんか、対処方法あるかな?