2007年9月21日金曜日

頭のよい子が育つ家・・・かもしれない?

通勤時、改札を出るとすぐに「頭のよい子が育つ家」というキャッチコピーの大きな横断幕が天井からドーンとかかっています。沿線で販売している133戸の大型マンションの宣伝です。
気になったのはこの「頭のよい子」というところでした。昔TVのCMで天井が高いと偉くなるというのは聞いたことがありました。マンションでどのように開放的な間取りを実現するのか?非常に興味が沸きました。

で、さっそくHPを覗いてみると・・・


1、ご家族共用の本棚を設えたライブラリーホール

2、メッセージを書いたり落書きができる、ガラス黒板

3、母親の姿が見れるオープンなキッチン・LD

4、部屋の仕切りをガラス引き戸にした、オープンな子供部屋


という設備・仕様でした。

これらの設備は、親子のコミュニケーションが自然に生まれるための仕組みだそうです。言い方を変えると、このマンションで暮らすと親子は否応なしにコミュニケーションを取らざるを得ない状況になるということです。


確かにここ数年、親子関係の歪みで、悲しい出来事が頻発しています。親子のコミュニケーション不足が原因の一つであることは否めません。これからは少々強制的な間取りが必要なのかも・・・。



でも、我が家は上の4つのうち、3つはクリアしています。(^_^)v




ガラス黒板はありませんが、会社の不要なコピー用紙にガンガン書いているから問題ないでしょう!



まあ、元々オープンな家に住みたかったので、不要と思われる間仕切り壁をなくしたし、引きこもらせないため子供部屋を狭くしてドアつけなかったし、それ以前に「頭のよい子が育つ家」なんて知らなかった・・・。先見の目が合ったのかもしれない。

おーっ、ひょっとして子供たち、すごく頭よくなるかもしれないぞー!教育費が大変かも・・・。



ここのHPをよーく読んでくと下に小さくキャプションがありました。

※なお「頭のよい子が育つ家」とは、有名志望校に合格するマンションのことではりません。親子のコミュニケーションがよくとれるマンションのことです。

そりゃそうだ。とんびが鷹を生めません。蛙の子は蛙です・・・。こんなんで頭よくなるんだったら皆するわなぁー!!(´□`;)  お父さんたち、親子のコミュニケーション取っていますか?私は・・・・(-_-;)

2007年9月18日火曜日

車屋さんで思うこと

我が家には今の車はちょっと大きすぎるので、フィット・ビッツ・コルトなどの「コンパクトカー」にします。週末しか車に乗らないし、一番上のお姉ちゃんは高校生なのでバイトとか行ってて一緒に行動しないし、ちっちゃい車でも大丈夫です。たぶん・・・

この3連休に車を探してあちこちの中古屋さんを飛び回っていました。秋のフェアだったらしく、来場プレゼントでは「栗」や「サツマイモ」、カレー(レトルト6食分)をいただき、けっこう楽しかったですよ。


諸経費安いなーと思うと本体が高かったり、本体安いなーと思うと諸経費が高かったり・・・。企業ですから利益を追求するのはしょうがない事です。お店の戦略も上手なもので、型は古いのに最新のカーナビがついてたりするわけですよ!営業トークでは車よりカーナビがどれだけすごいかが始まります。



当然カーナビを買いに来たわけじゃないので、却下しますが、カーナビがなければ車じゃあないくらいの言い方でした・・・。┐(´-`)┌


最後に行ったホンダディーラ系の中古店は、本体も諸費用もかなり高めでした。若いお兄さんが言うには「うちはメーカーの名前がついているのでちゃんとしています。高いのはブランド力の証です。整備もここでちゃんと行ないます!」だそうです。

ビッツはエンジンが1.3Lと1.5Lの2種類あるので、1.5Lを希望しましたがすごく高い!1.3Lでも厳しいかな?といったところです。ここは合わないなーと思いながら、気の抜けた返事をしていました。

どうしても彼は売りのでしょう、何を言うのかと思えば「1.3Lも走りは変わらないですよ。むしろ1.5Lよりもいいくらいですよ!1.3Lどうですか?」だそうです。家族が多いと伝えたのに・・・。まして彼が1.3Lのオーナーならまだわかりますが、ご自身のは2.5Lだそうです。

あまりにもミエミエなので「なんで1.5Lを開発したんだ?わざわざ走りの良くない1.5Lをつくって売ってんの?」と質問したら、フリーズしてました。この後もいろいろとあり、ちょっと質問するとフリーズしてました。思いつきでペラペラしゃべるはやめた方がいいですよ。


おかげさまでトヨタのお店でホンダのフィット1.5に決めました!月末納車が楽しみです^^


ここのお兄さんはこの車にはちいさな傷があっちこっちについていることも、それにより値段に反映していることも話してくれました。どうせ傷つけちゃうし気にしませんので、我が家にはぴったりです。カーナビもないし、キーレスなんちゃらもついてません。シンプルが一番!できれば赤色がよかったなー。


ふと思うと家づくりと同じようですね。ハデは設備に気を取られたり、坪単価だけで判断していたり、見積もりがドンドン上がって完成してからこんなハズじゃなかったりということをよく聞きます。


目の前ある便利そうな設備や豪華な仕様がライフスタイルに要or不要の判断ができる、正しい価値観を持っていないと損をしちゃいますよ!!

2007年9月14日金曜日

エコサポートプラン?

東京電力「エコサポートプラン」事務局よりなにやら書類が届きました。どうもかなり前に申し込んだ「エコキュートを導入した方にもれなく5000円キャッシュバックします!」関連です。





こんなものが一式送られてきます。で、中のあいさつ文を読むと「エコキュート選んでくれてありがとう!CO2が削減量を金額にすると5000円になるから、あげるよ!第三者機関の証明書もおまけに付けちゃうからね。それから運がよかったらエコツアー行けるよ!」という内容です。
昨日の大阪ガスニュースと違い、東京電力は一生懸命がんばってますね。でも、どことなく胡散臭いのは気のせいでしょうか・・・。


「CO2削減証明書」にふられている通しナンバーで、これは申し込み順なんだそうです。ということは71万台導入されているということです。


71万台×5000円=35億5千万円!!  東電さんって使いっぷりがいいですね・・・。

その原資はどこから出てきたのかな~。

ありがたいこの削減証明書、捨てるわけにはいかないし、飾ることもできないし、どうすればいいのかな?これも一式制作費やら印刷費やらかかっているんでしょうね。
東電さんもECO、エコというんだったら、まずこのあたりの無駄なことしない方がいいんじゃないのかな。35億使ってるからそうとも行かないのだろう。┐(´-`)┌

2007年9月13日木曜日

大ガス、補助金不正受給26億円!

「大阪ガスは12日、コージェネレーション(熱電併給)システムなどの納入を巡り、グループ会社を含め10年間にわたり経済産業省の補助金合計26億円を不正に受給していたと発表した。」


だそうです・・・。だまし取られたのは経済産業省資源エネルギー庁なので、NEDOか、もしくは似たような他の機構かもしれません。

日本国は、省エネを推進するために補助金を用意したはずですが、そのありがたい補助金がちゃっかり企業の売り上げになり、利益になってます。(-_-;)


ガス会社の家庭用コージェネレーション(エコウィル)は大変すばらしいものですが、エコキュートと比べるとまだまだ高価です。上の写真にリモコン付けて希望小売価格87万円(東京ガスHP)だそうです。これに工事費だとかプラスされるわけですから、導入は躊躇しますよね。

26億もあったら、この機械とっくに安価になってるんじゃないのかな?
この大阪ガスのトップページ見ても「地球環境」とか「省エネ」とか文字が全然ない会社だからしょうがないか!
早くこのすばらしい機械を普及させて、皆で地球環境を守りましょう!

2007年9月7日金曜日

台風9号!

昨日は、大型台風が関東を直撃し、かなりの交通機関に影響が出ました。幸い私が利用している西武線は高麗~秩父間が見合わせた以外、普段どおりに運転していました。台風が来てるんだから皆さん早く帰宅されたので、私が乗った23時ごろ電車はガラガラでした。
国道16号を挟んですぐに川があります。さすがに昨晩は危ないので見に行きませんでしたが、今朝ちょっと見てきました。
川幅いっぱいまで、水、水、水。これでもだいぶ水位は下がっている方だと思います。ピーク時は中州も飲み込まれたんでしょうね。川上から一気に川下へすべてのもの(石や土、ゴミなど)を押し流します。こうやって川は洗浄していくんですね。当然その流れていく先は海ですので、大量のゴミが海に捨てられてしまいます。地球がゴミ箱化していますね(-_-;)


さて、昨晩奥さんから21時ごろ携帯に「凄いよ」というタイトルのメールが来ました。

上陸直前くらいなので、雨も風もどんどん強くなってきている状況です。「何か飛ばされた!」とか、それとも「電車が止まるから早く帰って来い」とかそんな内容かなと思って見たところ・・・


「窓がキレイになってる(≧∇≦)」


凄すぎるのは、あなたです。┐(´-`)┌

帰宅後、我が家の窓をよく見るときれいになっていました。台風の風雨がちょうど洗車機のようにきれいにしてくれようです。窓掃除ってあまりやらないので、汚れがすこし気になってたんでしょうね。ここでも自然の力が洗浄してくれました。
超ポジティブな方なので、これから台風のたびによろこんでるんだろうな。前もってガラスに洗剤塗りだすかもしれないなー。

2007年9月5日水曜日

むさし100km報告会

先週の日曜日にお兄ちゃんの参加した「むさし100km徒歩の旅」の事業報告会がありました。感動のゴールから3週間も経っていたんですね。友達や大学生スタッフと久しぶりの再会です。第1回100km同窓会みたいなもんでしょうかね。
会場に早く着きすぎてすることがないから、走り回ってました。(-_-;)



報告会は、団長挨拶から始まり、いろいろな報告がされました。なかでも楽しみなのが、子供たちの歩いている姿が見れることです。記録班が一日目のスタートからゴールまでの道程をビデオで収録してくれてますので、そのダイジェスト版を見ます。「?」と思うかもしれませんが、開催中の子供たちとの接触は禁止されていました。ほとんどの保護者の方が子供たちの歩いている姿(動画)を見るのは初めてだったと思います。ただ開催中は写真(記録班の撮った)をWEB上で見ることができたので、大まかな状況は把握できていたと思います。
たった5日間のただひたすら歩くだけの旅ですが、一歩一歩、大声を出しながら歩いている子供たちの姿を見るとウルウルしてきます。子供たちは我々が考えている以上にしっかりしていると言われ、100kmに参加させてよかったと、改めて思いました。また、この5日間が「親離れ・子離れ」の機会になったようです。

ほんとうに大学生の皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。真剣に取り組んでくれたおかげで、大成功したんだと思いますよ。ただただ、感謝です。


報告会終了後は、子供たちや大学生スタッフ皆が再会を喜んでいました。とくに大学生スタッフは就職などあるため、もう会えなくなると思います。「最後だからちゃんと挨拶してこい」と言っても、どうもテレがあるのか、なかなか行きません。そうしたら大学生のお兄さんの方から来てくれました。

まあ、男の子なんでしょうがないですが、そんなんでいいのかというくらいあっさりしていました。こいつ来年も参加しようとしているので、「またね、バイバイ!」みたいな軽いノリでしたよ。

帰りの車の中で、なんでそんなにドライなのか聞いたところ本人は「気になることがあるから、早く帰りたい」と言いました。「ん?気になることってなんだ?」


そうです、報告会の日は夏休み最後の日だったんです。宿題が終わっていなくてあせっていて気になっていたようです。ドリルが残っているとか工作がとか・・・。

あんなに長い休みがあったのに何してんのか。やっぱりうちの息子、ちっとも成長していなかったな・・・!(´□`;)

2007年9月3日月曜日

NEDOから届きました!

先日NEDOより書類が届きました。あまりにも音沙汰がないので、だめになったか、それとも忘れられたかと心配してましたが、覚えていてくれたようです。書類の内容は「補助金振り込むからよろしくね!3年間毎月の電気代を記録して、毎年1回報告してね!報告しなかったら返してもらうよ!」というもんです。



さすがに独立行政法人の書類です。ここの会社は社名も長く、社員さんもきっと大変でしょうね。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)エネルギー対策推進部」より「平成18年度住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進補助事業(住宅に係るもの)補助金」というやたら長い名前の補助金が無事におりました。


しめて127万5457円也!


ちょっと得した気分ですが、よく考えてみるとこの補助金の3倍の約380万円相当が高性能化のため余計にかかっているわけです。住宅の高性能化はかなりお高いですが、それでも快適性や省エネ性を考えたらやったほうがいいですよね。今までならそのままになるところを国が3分の1を出してくれているわけですから、ありがたい補助金ですね。ただ、今年から制度が多少変わったようですので、ちゃんと確認したほうがいいですよ。


あと、ただで頂けるものではありません。日本の経済は必ず何かしらの対価との交換になります。その対価とは「毎月の電気代を記録し、1年に1回報告すること。それを3年続けること。」となっております。さすがに子供の夏休みの日記のようにいい加減にはできません。コツコツと記録していくしかありませんが、お金が絡むとなる話しは別のようで、奥さんが俄然やる気を出しております。(^_^)


で、我が家はこの補助金で、太陽光発電の導入を検討しております。オール電化だし、一番恩恵を得られるはずです。と、かっこいいこと書きましたが多分食費やらなんやらと変わってしまうはずです・・・。