2009年7月30日木曜日

パッとしない7月です。

今年はエルニーニョ現象が発生し、冷夏になるようです。実際、ジャガイモとニンジンの値段がじわじわと上がってきています。しばらくカレーは食べれそうにもありません(-_-;)

eboshi 

とは言え、日中はかなり暑いです!確かに曇りばかりなので日射しはそれほどでもありませんが、晴れないので湿度が高く蒸し風呂状態です。最悪の状態がずっと続いていますので、いい加減元気な太陽が見たいものですね。

akogare

さて、我が家ですが家の中はドライ運転のためサラサラです。+扇風機&サーキュレーターで風を作って気持ちよくすごしています。

【東京電力は2009年7月9日、「エアコンの冷房と除湿の上手な使い方」を発表した。】とニュースがありました。300人の主婦に「冷房と除湿」ってどうよ?というアンケートをしたそうです。65%がこんな時期は「電気代の安い」と思っている「除湿」をするそうです。

ところが、この「除湿」が必ずしも「安い」とは限らないそうです!j-castのニュース記事を下記に抜粋します。

除湿の方が「電気代が安い」という認識も正確には正しくないという。確かに、設定24度で1時間あたりの電気料金をみると、冷房が11円なのに対して、除湿は約4円と3倍近く開きがある。だがこれは除湿モードが昔からある「弱冷房除湿」だった場合。最近のエアコンでは、機種によっては「再熱除湿」という仕組みを採用していることがあり、その場合の電気料金は約15円と、冷房よりも高くつくのだという。

「再熱ドライ」が主流でしょう。たった3円でも物凄い金額になりますよねー。インターネットを使って、首都圏の主婦300人って分母の小ささもビミョーですし、東京電力の陰謀か?なんか慌ててプレスリリースした感は否めないよなー。

2009年7月22日水曜日

第2回研修会!

12日に「第3回むさし100km徒歩の旅」の2回目研修会がありました。受付で親子が別れて、子どもたちはレクレーションと初の試し歩き、親たちは別室で班に分かれて話し合いをします。親は子どもを参加させているので「家族スタッフ」だそうで、いろいろと勉強しなければなりません。

20090712

第1部は団長さんからのお話し(親として100kmに対しての心構え)、第2部はディスカッションです。我が班では5人中4人が母親で、父親は 私一人だけ・・・。実際ディスカッションが始まるとJCの方がリーダー役として参加しますので、その方が心のよりどころとなりました。アイスブレイクという自己紹介から始まりますが、多くの男性は苦手ではないでしょうか(^_^;)

今回は「親のありかた」という奥の深いお題です。親として子どもにどう接しているのかを発表します。皆さんそれぞれ方針がしっかりとされていて感心するばかりでした。内容は割愛しますが、今回の研修会で「率先垂範」という言葉を知りました。

最後に親子の面談があります。子どもたちのいる体育館へ移動して合流します。そこで、本日練習したであろう「チクサクコール」の発表です。

20090712(001)

video

なんだかわかんない・・・。┐(´-`;)┌

これを聞くと100kmへのモチベーションがあがります。今年はいろいろあって、参加できなかった子どもたちの分までがんばっていただきましょう!!

その後、子どもの健康状態やら性格やらをお兄さんお姉さんにお話しします。我が家は昨年参加していますので、それほど時間はかかりませんが、初めての方は細かく確認して10分くらいかかります。まあ、それだけ真剣なんですね。

少しは100kmに向けて何かしないと・・・。「率先垂範」です。さて次は8/4のスタートです。今年は中坊の兄も連れて行きましょう!乞うご期待!!