2014年2月17日月曜日

大雪でわかったこと!

久しぶりのブログです。

2月に入った途端、3回雪が降りました。
それも120年ぶりという記録的な大雪です。
坂道が多いので特に雪には弱いエリアです。
大雪が降ると道路は動かなくなった車が乗り捨てられたりして通行止め。
交通網は完全マヒしてしまい、今回は26時間ほど国道16号の車が動きませんでした。

そして次の日はひたすら「雪かき」です。
雪国の大変さを痛感しました。

そして我が家では1つ「あー、付けておけばよかった・・・。」と失敗に気付きました。
今更何?と思いますよね。
全く考えていなかったアイテムです。というよりも、考えつかなかった。

正解は「屋根の雪止め」です。


片流れのため、屋根に積もった雪が塊となり一気に落ちてきます。
その大半はウッドデッキが受け止めますので、下にいて怪我をする事は無いのですが(一部はストレートに落下。なので車を寄せて人が通れないようにしてます)
ズルズルと滑る雪の塊は、雨ドイを通り越してきますので、先端からポタポタ水滴が落ちてきます。

雪止めがあればこんな事が起こらなかった・・・。

雪止めは必須ですね。(T_T)

0 件のコメント: